バンドルカード決済できるオンラインカジノ一覧

バンドルカード

身分証の提出が要らない、アプリのDLで即チャージ&決済可能。

スマホ1つあれば使えるバーチャル決済「バンドルカード」

飲食店やネットショッピングで利用する人は多いですが、オンラインカジノへ入金するさい使うこともできます。

ユカリ
バンドルカードがあれば、クレカを使いたくない人や審査落ちして持ってない人でも遊べるね
カイヂ
同じVISAブランドのVプリカよりも、対応してるカジノが多いのは魅力だぞ!ただし、デメリットもあるから最後まで読んでみてくれ!

 

というわけで今回は、バンドルカード入金に対応してるオンラインカジノの一覧と、バンドルカードを使うときの注意点について解説していきます。

バンドルカードは、各オンラインカジノによって突然入金ができなくなる可能性が高い、不安定な決済方法です。

オンラインカジノ初心者の人は、バンドルカードが使えないけど「誰でも簡単に入金と出金ができる」銀行振込に対応したクイーンカジノを推奨します。

クイーンカジノの公式ページ

クイーンカジノの銀行振込入出金の手順と決済手数料

バンドルカードで入金可能なオンラインカジノと各入金手数料

以下は、実際に僕がバンドルカードで入金確認できたオンラインカジノと、

各カジノで上乗せされる手数料について、一覧表にまとめたのでご覧ください。

カジノ名 入金手数料 最小の入金額
ラッキーニッキー 無料 10ドル
ベラジョンカジノ 2.25% 12ドル
カジノシークレット 無料 25ドル
カジ旅 無料 15ドル
インターカジノ 2.25% 12ドル
チェリーカジノ 2.5% 12ドル
ベットティルト 無料 5ドル
カジノX 無料 1,500円
まね吉 2.5% 12ドル
ライブカジノハウス 2.25% 10ドル

入金手数料はカジノ側のパーセントで、バンドルカード側の事務手数料が別途4.5%加算されます。

「ドル/円」の為替相場により、バンドルカードから引き落としとなる日本円の金額は常に変動します。

 

ラッキーニッキー

カジノ側への規制が厳しく、信頼性と安全性が高いマルタライセンスを取得してるラッキーニッキー。

最低入金額10ドル、手数料無料とオンラインカジノ初心者の人でも手軽に遊ぶことができます。

毎日日替わりプロモーションを開催してるため、勝負するさい現金だけでは心もとない・・と考えるボーナス好きには最適です。

デメリットはスロットの種類が少ない、サイト表示が若干重い。

ラッキーニッキーの出金方法

  • エコペイズ
  • アイウォレット
  • ビーナスポイント

⇒ラッキーニッキーのホームページ

⇒ラッキーニッキーの登録方法

ラッキーニッキーのバンドルカード入金手順と手数料

 

ベラジョンカジノ

日本では知名度ナンバー1の人気を誇るベラジョンカジノ。

銀行送金による出金に対応してるため、エコペイズなど電子マネー口座を持ってない人でも、すぐに勝った現金を引き出すことができます。

デメリットは、ベラジョンカジノ側で決済手数料2.25%取られるのが痛い。

ベラジョンカジノの出金方法

  • エコペイズ
  • アイウォレット
  • ビーナスポイント
  • 銀行送金

⇒ベラジョンカジノのホームページ

⇒ベラジョンカジノの登録方法

ベラジョンカジノにバンドルカードで入金する手順と手数料

 

カジノシークレット

オンラインカジノ初心者には分かりにくい、出金条件がついたボーナスを全て排除!

代わりに負けたゲームの金額に対して、約10%を現金として還元するキャッシュバックシステムを導入してます。

ボーナスなんか要らないから、負けた分を現金で少し返してくれ!という人には最適です(笑)

デメリットは、僕が遊んできたオンラインカジノで最もプレイ中の表示が重いのでイラつく。

カジノシークレットの出金方法

  • エコペイズ
  • アイウォレット
  • ビーナスポイント
  • 銀行送金

⇒カジノシークレットのホームページ

⇒カジノシークレットの登録方法

カジノシークレットのバンドルカード入金手順と手数料

 

カジ旅

スロット好きが最も楽しめるカジ旅。

通常時スピン高速6倍速のブリッツモードを導入してて、フリースピンやボーナス当選時には通常プレイに戻して堪能できる。

ボーナス出金条件が、業界でトップクラスに甘い19倍となってるのも魅力です。

デメリットは、ライブカジノのソフトウェアが少ない。(テーブル数などに拘りがない人は問題無し)

カジ旅の出金方法

  • エコペイズ
  • ビーナスポイント

⇒カジ旅のホームページ

⇒カジ旅の登録方法

カジ旅にバンドルカードで入金する手順と手数料

 

インターカジノ

ロンドン上場企業JPJグループ傘下が運営する、ベラジョンカジノ系列のインターカジノ。

決済方法、サポート内容、ボーナス特典・・など基本的にはベラジョンカジノと変わらない

銀行送金出金ができるので、オンカジ初心者でも出金には困りませんね。

ベラジョンカジノと同様に、カジノ側による入金手数料2.25%がネック。

インターカジノの出金方法

  • エコペイズ
  • アイウォレット
  • ビーナスポイント
  • 銀行送金

⇒インターカジノのホームページ

⇒インターカジノの登録方法

インターカジノにバンドルカード入金する手順と手数料

 

チェリーカジノ

カジノだけじゃなく、ブックメーカー(スポーツベット)でサッカーや野球の試合にも賭けれるチェリーカジノ。

レギュレーションが厳しいマルタライセンスを取得してる、安心・安全なオンラインカジノです。

ただし、チェリーカジノ側の決済手数料は2.5%と高いため僕は推奨しません。

チェリーカジノの出金方法

  • エコペイズ
  • アイウォレット
  • ビーナスポイント

⇒チェリーカジノのホームページ

⇒チェリーカジノの登録方法

チェリーカジノにバンドルカードで入金する手順と手数料

 

ベットティルト

2014年に欧州でサービス開始。ビデオスロットとライブゲームがマルチ画面で楽しめるベットティルト。

最低5ドルから入金できるため、少額で手軽に遊びたい人には向いてます。

バンドルカードが使えるカジノの中では、スティックペイを導入してる数少ないオンラインカジノ。

デメリットは、貰えるボーナスが一体型となってるため、ボーナス出金条件の仕組みを理解してない人には非推奨。

ベットティルトの出金方法

  • エコペイズ
  • アイウォレット
  • ビーナスポイント
  • スティックペイ

⇒ベットティルトのホームページ

⇒ベットティルトの登録方法

ベットティルトのバンドルカード入金手順と決済手数料

 

カジノX(カジノエックス)

オンラインカジノ業界では最大級の、初回入金ボーナス最大25万円が受け取れるカジノX(カジノエックス)

ライブゲーム、スロット、ブックメーカー全てに対応してる万能なカジノですが、出金するとき電子マネー口座からの入金履歴が必要となるため、オンカジ初心者にはオススメできません

カジノXの出金方法

  • エコペイズ
  • アイウォレット
  • ビーナスポイント

⇒カジノXのホームページ

⇒カジノXの登録方法

カジノXにバンドルカード入金する手順や手数料

 

まね吉

日本人でも遊びやすいようにオープンした、チェリーカジノ姉妹カジノの「まね吉」

少額から入金できるものの、バンドルカード手数料2.5%が取られるためコスパは悪いです。

まね吉の出金方法

  • エコペイズ
  • アイウォレット
  • ビーナスポイント

⇒まね吉のホームページ

⇒まね吉の登録方法

まね吉にバンドルカード入金する手順と手数料

 

ライブカジノハウス

ライブゲームのソフトウェアが豊富なライブカジノハウス。

2020年5月からVISAカード決済が再開したため、バンドルカード入金が可能になりました。

10ドルから入金できますが、最大で700ドルまでしか決済できないのがネックです。

ライブカジノハウスの出金方法

  • エコペイズ
  • アイウォレット
  • ビーナスポイント

⇒ライブカジノハウスのホームページ

⇒ライブカジノハウスの登録方法

ライブカジノハウスにバンドルカードで入金する手順と決済手数料

 

バンドルカードでオンラインカジノに入金するデメリット

バンドルカードを使ってオンラインカジノをするメリットは「誰でも・簡単に・今すぐ入金ができる」ことです。

クレカやデビットカード、ビットコインなど仮想通貨、各種電子マネー口座を持ってない人でも使えますからね。

ですが、バンドルカードで入金をするデメリットもあるためお伝えしておきます。

 

超絶高いバンドルカードの手数料!

バンドルカードを使うことによる最強最悪のデメリットは高い手数料です。

カジノ側の入金手数料に関係なく、バンドルカード側の事務手数料が入金額4.5%と超絶高い!

1ドル100円のときに1,000ドル(10万円)の入金を、手数料2.25%のベラジョンカジノに入金する場合の合計手数料の計算。

「100円×1,000ドル×102.25(ベラジョン手数料)×104.5%(バンドルカード手数料)=106,800円」がバンドルカードから引き落とし。

つまり・・10万円を入金するために6,800円を支払わないといけません(汗)

ユカリ
さすがに4.5%はボッタくりよねぇ・・・
カイヂ
そうなんだよ。どうしてもバンドルカード使いたい人には何も言わないけど、高い手数料を払ってカジノで勝負するのは負け確だなw

 

もし手数料無料のオンラインカジノに、クレジットカードやデビットカードを使って入金したなら、本来支払う6,800円は軍資金として回せるわけです。

上記の手数料は入金額に比例して常に搾取されるため、塵も積もれば巨大なマウンテンになってきます(汗)

バンドルカードしか持ってないあなたでも

  • 誰でも簡単に
  • 手数料をほとんどかけずに
  • 入金も出金も手軽に済ませる

には、ネットバンクやATMによる銀行振込の入出金に対応したクイーンカジノで遊んだほうがいいです。

楽天やジャパンネットなどのネット銀行経由なら、平均して15分~30分程度の時間で振込が反映。

入金時の手数料は、各銀行の振込手数料だけなので200円から300円程度

出金時は手数料無料で、自分の銀行に勝った現金を出金することができます。

>>クイーンカジノのホームページ

>>クイーンカジノの登録方法を解説

クイーンカジノの銀行振込入出金の手順と決済手数料

 

バンドルカードによる入金ができなくなる可能性がある

バンドルカード決済は「最初の数回は入金でき、その後出来なくなるケースが多いです」と、あるカジノの担当スタッフから聞いてます。

つまり、今まで使えていたのに突然決済ができなくなる・・というリスクがあるわけです。

※バンドルカード側で利用が規制されるみたい。

お試しで遊びたいから、1回だけ入金すると決めてる人は問題ありません。

何度も継続的にバンドルカードを使ってプレイをすることは、できなくなる可能性が高いと思ってください。

 

出金するとき身分証の提示が必要になる

バンドルカードは身分証明がなく誰でも利用できるため、入金に使うときは問題ないんです。

ですが、オンラインカジノは基本的にどこのカジノでも、出金時に本人確認が必要になります。

本人確認ってのは、あなたの免許証など身分証をスマホで撮影してカジノのサポートに画像を送ることです。

原則ほとんどのカジノで出金するさいに求められます。

当然ですが、求められても提出しない場合は出金できません。

※本人確認なしでも出金できるカジノは一応あるので、気になる人は以下の記事をご覧ください。

本人確認不要のオンラインカジノ

 

まとめ

今回は、バンドルカードで入金が可能なオンラインカジノについて。

また、バンドルカード利用時のデメリットについても解説しました。

無駄な高い手数料を払うってことは、それだけカジノで勝ちにくくなることを覚えておいてください。

>>バンドルカード入金ができるオンラインカジノ一覧に戻る