バカラのルールや賭け方・遊び方を解説!当たったときの配当も紹介

バカラ

バカラは本場のカジノだけでなく、オンラインカジノでも人気のゲームです。

しかし日本ではバカラっていうゲームは聞いたことがあるけど、ルールがよく分からないって方が少なくありません。

今回はオンラインカジノのバカラについて、ルールや遊び方を解説していこうと思います。

カイヂ
ぶっちゃけ、バカラはルールをそんなに知らなくても遊ぶことはできるし、完全に運ゲーだから、初心者でも大勝ちする可能性はあるぞ!

 

その前に先に専門用語について簡単に説明します。

  • ハンド:手札の役、数字のこと
  • ヒット:もう一枚カードを引く
  • ステイ:カードを引かない

上記の用語だけは覚えておいてください。

バカラのルールとゲームの流れ

本場のカジノでもオンラインカジノでも、ハウスルール(カジノによって若干違いがあること)がありますが、基本的なルールは同じです。

ブラックジャックは「あなたVSディーラー」という図式ですが、バカラの場合は「プレイヤー」か「バンカー」どっちが勝つかを予想するゲームです。

ユカリ
プレイヤーって私のことじゃないの?
カイヂ
違うんだ。例えるなら「プレイヤー」は読売ジャイアンツで、「バンカー」は中日ドラゴンズって感じ。どちら勝つかを予想するだけだぞ!

 

※「タイ」と呼ばれる、引き分けに賭けることもできますが順を追って説明します。

ブラックジャックみたいに、あなたVSカジノディーラーではないので注意してください。

では、プレイヤーとバンカーと、どっちがどういったルールで勝ちになるのか?

日本のトランプゲームで近いのが「おいちょかぶ」で、配られたカードの合計の下1ケタの値が9により近いほうが勝者となります。

A~9はそのままの数字で(Aは1)、10と絵札(J、Q、K)は全て10という数字でカウントします。

合計が18の場合は下1ケタが8なので8ということですね。

10の場合は0となり最弱の数字です。

下の画像はプレイヤーのハンドが8(下1ケタ)でバンカーのハンドが7(下1ケタ)のため、プレイヤーの勝ちです。

プレイヤーに賭けたので賭けたベット額+配当1倍が貰えます。(バカラの配当に関しては後ほど解説してます)

 

まずはカードを配る

バカラでは決められたルールにそってカードが配られます。

なので、あまりルールを知らなくてもプレイヤーかバンカーかどちらが勝つか予想するだけなので、遊びながら覚えても問題ないゲームです。

ですが、バカラを楽しむためには知っておいたほうがいいでしょう。

まずカードはプレイヤーとバンカーに、必ず最初に2枚ずつ配られます。

そして3枚目を配るかどうかというのは、お互いのハンドによって変わります。

ナチュラルと呼ばれる8か9がどちらかに出た場合、その時点で勝負が決まります。

下記の画像ではプレイヤーの手札が8(ナチュラル)なので、バンカーが3枚目を引くことなくプレイヤーの勝ちが決まります。

もしバンカーが9の場合であれば、バンカーの勝ちとなるわけです。

つまり最初の2枚で下1ケタが9であれば、負けることが絶対にない最強のハンドと言えます。

ナチュラルになるのは最初の2枚が配られた時点で、3枚目で8か9となってもナチュラルとは呼びません。

 

カードを配るルール

カードを配るルールは最初の2枚でお互いが0~7の場合に、お互いのハンドによって3枚目が配られるか決まります。

※どちらか、もしくは両方のハンドが8か9の場合はその場でお互いのハンドが確定する。(3枚目は配られない)

プレイヤーは簡単で、2枚の合計が0~5の場合は3枚目が必ず配られます。

そして6~7の場合はカードが配られずに、ハンドが確定します。

次はバンカーが3枚目を配られるかどうかですが、プレイヤーに比べると少し複雑です。

  1. プレイヤーがヒットしたか
  2. プレイヤーがヒットした数字は
  3. バンカーの最初の2枚のハンドは

上記によって、バンカーがヒットするかステイするか決定します。

まず1のプレイヤーがヒットしたかどうかですが、プレイヤーがステイした場合はプレイヤーと同じ行動となります。

例えばプレイヤーのハンドが6であればステイとなるので、バンカーもプレイヤーと同じように0~5の場合はヒットして、6か7の場合はステイでハンドが確定します。

2と3ですが、プレイヤーが3枚目をヒットした数字と、バンカーの最初の2枚のハンドによる行動は以下です。

バンカー2枚のハンドプレイヤーの3枚目の数字によるバンカーの行動
0~2プレイヤーの3枚目に関係なく全てヒット
38以外(0.1.2.3.4.5.6.7.9)はヒット、8の場合はステイ
42.3.4.5.6.7はヒット、0.1.8.9はステイ
54.5.6.7はヒット、0.1.2.3.8.9はステイ
66.7はヒット、0.1.2.3.4.5.8.9はステイ
7プレイヤーの3枚目に関係なく全てステイ

上記のルールに沿ってバンカーはヒットするかステイするか決まりますが、正直覚える必要はありません。

知っておくと知らないよりも楽しめる・・程度だと思っていただければOKです。

 

バカラの配当について

バカラでプレイヤーかバンカー、もしくはタイ(引き分け)に賭けたときの配当は以下になります。

プレイヤーバンカータイ
1倍0.95倍8倍

例えばプレイヤーに1ドルを賭けてプレイヤーが勝った場合は、1ドルのベット額が戻ってくるのと配当1倍の1ドルで合計2ドルが戻ってきます。

タイに1ドル賭けた場合は、1ドルのベット額と配当8倍の8ドルで合計9ドルが戻ってきます。

ただし、バンカーに賭けて当たった場合は、コミッションといって配当に対し手数料5%が取られます。

※コミッションによりカジノが利益となる。

例えば1ドルをバンカーに賭けて当たったら、配当1倍の1ドルに対して5%が取られるので、戻ってくるのはベット額1ドルと配当0.95ドルで合計1.95ドルとなるのです。

ノーコミッションという手数料が引かれないバカラもありますが、バンカーが6で勝った場合に配当から半分を差し引かれます。

タイは配当が8倍もあるのでお得なのでは?と思うかもしれませんが、確率上ベットすると非常に損をする計算になるので、タイには賭けずにプレイヤーかバンカーに賭けるのが基本となります。

 

バカラの罫線について

バカラの遊び方としては、プレイヤーかバンカーに賭けて(タイも含め)ディーラーがルールに沿ってカードを配られるのを眺める・・だけです(笑)

スクイーズといって、カードをゆっくりとめくる遊び方があるオンラインカジノもあります。

またバカラには「罫線」と呼ばれる、過去の勝敗を記録した出目表が存在します。

左上から順番に勝った方をPはプレイヤー(青の○)、Bはバンカー(赤の○)で分けている↓↓

 

次に勝つ方を予想しながら賭けるのがバカラの楽しみ方ですね。

様子を見ながらここぞってときにガツンと賭けるのもいいし、小さい金額でチョコチョコと賭けて遊ぶのもいいでしょう。

自分の賭けるスタイルを見つけてバカラを楽しんでくださいね!