ビーナスポイント(VenusPoint)対応のオンラインカジノ一覧

ビーナスポイント(VenusPoint)

クレジットカードやデビットカードで入金する場合、最もネックになるのが出金ですよね。

しかし、ビーナスポイント(VenusPoint)だったら原則どこのオンラインカジノでも、入金履歴が不要で出金ができるわけです。

つまり、「カジノへカード入金+ビーナスポイントへ出金」は相性抜群なんですね!

とはいえ、全てのオンラインカジノでビーナスポイントが使えるってわけじゃありません。

ユカリ
カイヂさん、どこのカジノが使えるのか調べてよ!
カイヂ
僕がやるんすか!?

 

はい・・というわけで、ビーナスポイントが使えるオンラインカジノと、入金に対応してるカードブランドを併せて解説していきます!

また、ビーナスポイントについてあまり分からない方のために、具体的なメリットとデメリットも載せているので参考にしてみてください。

この記事では、すでにビーナスポイントに登録してる人の内容になってます。

また登録が済んでない人は以下の記事をご覧ください。

ビーナスポイント(Venus Point)登録方法と銀行口座登録方法

ビーナスポイントを導入してるオススメのオンラインカジノ一覧

それでは、ビーナスポイントが導入されてるオススメのオンラインカジノを紹介します。

入金に使えるカードブランド、カード入金時の手数料も併せて載せてますので参考にしてください。

ベラジョンカジノ

ビーナスポイント入金額 10ドル~20,000ドル
ビーナスポイント出金額 10ドル~20,000ドル
入金対応カードブランド VISA、マスターカード、JCB、アメックス
手数料 入金は無料・出金は50ドル以上で無料(50ドル未満は5ドル)

日本では最も参加プレイヤーが多い、人気のベラジョンカジノ。

ビデオスロットのラインナップが豊富ですが、ライブカジノも当然プレイ可能です!

クレジットカード入金して勝った現金は、ビーナスポイントへ出金することができますし、銀行送金にてあなたの銀行口座へ直接出金することもできます

⇒ベラジョンカジノのホームページ

⇒ベラジョンカジノの登録方法

ベラジョンカジノのビーナスポイント入金出金手順と手数料

2020年6月28日

 

ラッキーニッキー

ビーナスポイント入金額 10ドル~5,000ドル
ビーナスポイント出金額 20ドル~5,000ドル
入金対応カードブランド VISA、マスターカード、JCB
手数料 入出金共に無料

毎日日替わりプロモーションを開催してるラッキーニッキー。

入金するたびに、何かしらのボーナスを貰い勝負したい方にはオススメです!

入金だけじゃなく出金するときの手数料も無料で、かつ最低20ドルからビーナスポイントに少額出金が可能。

⇒ラッキーニッキーのホームページ

⇒ラッキーニッキーの登録方法

 

10BETカジノ

ビーナスポイント入金額 10ドル~10,000ドル
ビーナスポイント出金額 10ドル~5,000ドル
入金対応カードブランド VISA、マスターカード、JCB
手数料 入出金共に無料

ライブカジノとスロットだけでなく、ブックメーカーやeスポーツも賭けることができる10ベットカジノ。

野球やサッカーの試合に賭けて観戦したい人にはオススメです!

スマホアプリのバンドルカードで入金できるため、少額でオンラインカジノを楽しみたい人でも遊びやすいカジノです。

最低入金は10ドルで、最低出金も10ドルからと低めに設定されてるからですね。(手数料は無料)

また、エコペイズやスティックペイから入金しても、ビーナスポイントに出金ができます。

⇒10BETのホームページ

⇒10BETの登録方法

10ベットカジノ(10BET)のビーナスポイント入金出金手順と手数料

2020年6月29日

 

エンパイアカジノ

ビーナスポイント入金額 30ドル~5,000ドル
ビーナスポイント出金額 30ドル~5,000ドル
入金対応カードブランド VISA、マスターカード、JCB、アメックス
手数料 入出金共に無料

ライブカジノに力を入れているエンパイアカジノ。

ライブのバカラ、ブラックジャック、ルーレットをメインに遊びたい人にはオススメです。

ビーナスポイントに出金する場合、最低でも30ドル以上と高めに設定してありますが、手数料は無料です。

⇒エンパイアカジノのホームページ

⇒エンパイアカジノの登録方法

エンパイアカジノのビーナスポイント入出金手順と手数料・決済上限

2020年7月1日

 

ワンダーカジノ

ビーナスポイント入金額 30ドル~無制限
ビーナスポイント出金額 50ドル~1億円換算したドルの金額
入金対応カードブランド VISA、マスターカード
手数料 入出金共に無料

出金スピードがめっちゃ速く、出金限度額が高いワンダーカジノ。

ビーナスポイントで高額決済したい人にはオススメです。

ただし、カード入金をするさいには5%の手数料がかかるので、ビーナスポイントから入金する人以外は非推奨。

⇒ワンダーカジノのホームページ

⇒ワンダーカジノの登録方法

ワンダーカジノのビーナスポイント入金と出金手順・手数料と決済限度額

2020年6月26日

 

ビーナスポイントのメリット

ビーナスポイントは、ポイントサイトのため表記が「ポイント」という単位になってます。

1ポイントが1ドルなので、500ポイントを保有してれば500ドルということですね。

ビーナスポイントを利用する大きなメリットは

  1. 自分の銀行へ出金する手数料が安い無料で出金も可能)
  2. ビーナスポイントを利用するだけでポイント還元

上記2点となっており、電子マネー口座の中では最も優秀なスペックです。

 

出金手数料が圧倒的に安い

自分の銀行へ出金する場合、平日に350ドル以上であれば手数料は無料!

最も高い条件であっても2.9ドル(ポイント)なので、日本円で約300円という安さが魅力です。

詳しい出金手順や、手数料に関しては以下の記事を参照ください。

ビーナスポイント(VenusPoint)からの出金手順と出金手数料・出金時間

2019年3月18日

 

カジノへの入出金に利用するだけでポイントが貰える

ビーナスポイントは、カジノへ入金したり出金するたびにポイントが自動的に加算されます。

ポイントバックの割合は

  • カジノへの送金額に対して0.4%
  • カジノからの出金額に対して0.4%

となっているので、例えば1,000ドルをカジノへ入金して1,000ドルをビーナスポイントへ出金すると「0.8%=8ポイント」がタダで貰えるのです。

ですから、カジノで勝った現金はこまめに出金して、再度入金をするなど繰り返すことで、ポイントがどんどん貯まるというわけですね。

このようなサービスは、エコペイズにもアイウォレットにもありません。

ポイント狙いでオンラインカジノに入出金を繰り返すと、アカウントが凍結される可能性があります!

よくある例としては、500ドル入金して合計500ドルを賭けたらすぐに出金・・を繰り返す行為です。

また、ポイントバック制度の割合は予告なく変更されることがあります。

 

ビーナスポイントのデメリット

デメリットは、ビーナスポイントのアカウントに直接入金ができないこと。

例えばアイウォレットだったら、クレジットカードや銀行振込で入金できます。

また、プリカ発行をしてないためATMから直接手元へ現金を引き出すことができません。

ビーナスポイントから自分の銀行口座へ送金した後、ATMから引き出すという流れになります。

ビーナスポイント(VenusPoint)に入金する方法はあるのか

2019年5月20日

 

まとめ

ビーナスポイントは、カード入金をするプレイヤーにとっては必須の電子マネー口座です。

口座開設だけ済ませておけば、出金するときが簡単ですし自動的にポイントが貯まるのも魅力です。

ただし、全てのオンラインカジノで導入がされてるわけではないので、カード入金をして遊びたい方は、ビーナスポイントが使えるオンラインカジノを選ぶようにしてください。

⇒ビーナスポイント対応オンラインカジノ一覧に戻る