パイザカジノのライブバカラで小判鮫法を使ってみた

バカラプレイ日記

先日、パイザカジノのライブバカラで、みんなの逆に賭けたらどうなるのか検証してみました。

※前回の記事は以下です。

パイザカジノのライブバカラでみんなの逆に張ってみた

結果は目も当てられない内容だったので「ということは、みんなと同じように賭けたら勝てるのでは?」と思い。

名付けて「小判鮫法」でライブバカラをやってみようと考えついたのです(笑)

ユカリ
ネーミングセンスがないわねぇ・・
カイヂ
いづれ有名になるさw

 

軍資金は前回の検証のあと

ブラックジャックやったらちょっと増えて

49,825円ですw

 

 

小判鮫法のやり方は簡単で

ベット額と賭けてるプレイヤー数が多いほうへ賭けるだけ。

 

完全に自分の意思とは関係なく

みんなのお尻について行くだけですね(笑)

 

検証回数は50回です。

 

まずはバンカーへ。

 

初戦は負けからスタート(汗)

 

今度はプレイヤーのほうが多い。

 

引き分け。

っていうかお互い0って(汗)

 

またプレイヤーへ。

 

タイの後って次も

みんな同じほうへ賭ける可能性が

高いよね。

 

3回目で勝ちました!

あとは上記のやり方で50回プレイです。

 

10回戦終了時で-2,050円

本当に大丈夫か?

 

大きく勝ちこして利益が出る!

 

が、しかし。

 

結局マイナス域に戻り。

 

負債はさらに増えて・・。

 

結局マイナスのまま終了。

 

前回はみんなの逆に賭けたら負けたのに

みんなと同じに賭けても負けるって?

 

なぜ?(怒)

 

怒りが込み上げてきましたが

そこまで負けてないので勘弁してあげます(上から目線)

 

細かい結果は下の画像になります。

トータルで21勝22敗7引き分け

 

前回みんなの逆に賭けたときは

19勝24敗7引き分けだったのに。

どっちにしても負けとるやん。

 

やっぱりさ・・

カジノって自分が「来る!」と思ったほうへ

賭けて遊ぶのが楽しいよね!

というのが今回の検証で分かりました(汗)

⇒今回実践したパイザカジノ

⇒パイザカジノの登録方法を解説