ベラジョンカジノのライセンス

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノという、オンラインカジノで遊んでみようと思うけど・・

ライセンスはどうなっているのか?と気になる人もいるでしょう。

そこで、ベラジョンのライセンスについて、僕なりに調べた結果を紹介していきます。

2020年1月14日より、ベラジョンカジノのライセンスはマルタからキュラソーに変更しました。

ライセンスを気にする人は参考にしてください。

ベラジョンカジノは他のオンラインカジノのキュラソーと違う?

現在、日本で遊べるオンラインカジノの中で、キュラソー政府発行のライセンスは主に3種類。

「ゲーミングキュラソー」

 


「キュラソー・イーゲーミング」

 


「Antillephone」

 


ただし、ベラジョンカジノはどこのキュラソーライセンスにも属してないんですよね・・。

ユカリ
こんな表記見たことないわね・・
カイヂ
キュラソーだからオランダ領なのは間違いないが・・

 

現状分かってるのはキュラソー政府が発行してるってこと。

そして「Breckenridge Curacao B.V」という会社に運営が変わったこと。

ベラジョンカジノの規約「1.1」「1.2」

「有限責任会社C.I.L. Curaçao Interactive Licensing N.V」という、サブライセンスも取得してるみたいですね。

他のオンラインカジノが取得してる、キュラソーのライセンスとの明確な違いは現状把握できていません。

 

ライセンスを変えたことによるベラジョンカジノの変更点

ベラジョンカジノがライセンスを変えたことで、具体的に何が変わったのか?

  • 決済方法
  • 入出金の上限

上記2つは今のところ変更は確認できていません。

ログインは普通にできるし、スロットもライブもテーブルゲームも全て問題なく遊べます。

 

ライブのソフトウェアはエボリューションゲーミング(Evolution Gaming)と、

ネットエント(NETENT)が残り、Hoゲーミングが無くなりましたね・・。

※Hoゲーミングは以前「シンガポール」と表記してたライブカジノ専用のソフトウェア。

ということで、現時点ではライブのソフトウェアが減っただけって感じです。

 

ライセンスを変えた理由は?

ここからは僕個人的な考察になってしまいますが、ベラジョンカジノがライセンスを変更した理由は

  • 仮想通貨決済の導入
  • 新しいソフトウェアの追加
  • 入出金の上限UP

などが考えられます。

キュラソーはレギュレーションが緩いため、やりたい放題ってイメージがあるからねw

 

もしくは、マルタだとライセンス更新料が高いため、安いキュラソーに切り替えた可能性も。

サイトが軽くなったという実感はありませんし、結局何がしたいのかマジで不明ですわ(汗)

 

まだライセンスとプラットフォームを変えたばかりなので、

今後ベラジョンカジノからのメール通知で、答えが見えてきたら情報を追記していきます。