グッドマン法

オンラインカジノ 攻略

オンラインカジノのシステムベットは色々とありますが。

中でもディフェンス重視とした賭け方、グッドマン法について解説していきます。

バーネット法(1326法)に似てるベット方法ですが、非常に簡単なやり方なのでぜひ覚えておいてください。

グッドマン法とは

グッドマン法とは別名1235法とも呼ばれます

カジノだけでなくFXやバイナリーオプションといった、投資系などで活用される方もいます。

グッドマン法の賭け方は非常に簡単で、まず初期ベット額を決めます。

もし仮に初期ベット額を1ドルとした場合。

  1. 勝ったら初期ベットの2倍(2ドル)を賭けます
  2. 2連勝したら初期ベットの3倍(3ドル)を賭けます
  3. 3連勝したら初期ベットの5倍(5ドル)を賭けます

以降は負けるまで5倍(5ドル)を賭けつづける賭け方です。

もし負けた場合は、初期ベット額に戻して最初からやり直しとなるわけです。

上記は初期ベット額を1ドルとしましたが、5ドルでも10ドルでも全く同じで、5ドルからスタートなら勝つごとに10ドル→15ドル→25ドルですね。

10ドルからスタートなら、勝つごとに20ドル→30ドル→50ドル・・となります。

連勝が続く限り初期ベット額の5倍を賭け続けるというのが基本ですが、初期ベットに戻すタイミングはあなたが決めても問題ありません。

例えば5連勝したら戻す・・とかですね。

負けたときは、必ず初期ベットに戻すことを忘れないようにしてください。

連勝が続くと非常に大きな利益となりますが、連勝ができないと利益が増えないどころかジワジワと資金が減ります。

ただし、負けたときには初期ベット額に戻すため、連敗が続いても大きな損失にならないベット方法と言えます。

グッドマン法に有効なカジノゲーム

グッドマン法をカジノのゲームで行うのであれば、基本的に勝率が高いゲームを選択してください。

具体的にはバカラやルーレットです。

バカラであれば、勝ったときの手数料が取られないプレイヤーに賭けること。

また、ルーレットであればカラーベットや奇数偶数や大小といった、所率が約50%近いアウトサイドベットに賭けること。

そしてもし0が出た場合でも半分戻ってくる、フレンチルーレットを選択してください。

ブラックジャックではやってはいけません。

なぜなら勝率がバカラやルーレットより低いだけでなく、ダブルダウンやスプリットなどで追加ベットをする場面が出てくるからです。

グッドマン法のメリットとデメリット

グッドマン法のメリットは、連勝が続いたとき資金が一気に増えるということ。

また、連敗が続いた場合でも負けたら初期ベットに戻すため、大きな損失にはならないということ。

デメリットは、連勝ができないとジワジワと資金が減っていきます

最低でも2連勝しないと必ず資金は減ります

2連勝まで伸ばせれば、3回目以降のベットで負けてもそれまでの勝利金を担保にしてるので、損失が出ることがありません。

グッドマン法は勝てないのか

ではオンラインカジノでグッドマン法を行った場合、本当に勝てるのか?と言われると必ず勝てるものではないです。

当たり前ですが、賭け事には必勝法なんてものは存在しないから。

ですが、システムベットの中でも資金が一気に飛んでしまうマーチンゲール法に比べれば、精神的には優しいですね(笑)

なぜなら、負けたら初期ベット額に戻しもう一度やり直すためです。

マーチンゲールだと、連敗するたびにベット額を上げるので天井がないですからね。

調子がよく連勝が続く展開であれば大きく勝てますし、連勝ができない場合でも一気に大きな損失が出るわけではないので、リスクが非常に少ない賭け方と言えます。