ヴィーナスポイントから自分の銀行へ出金する手順と手数料・出金スピード

ヴィーナスポイント

クレジットカードやデビットカードでオンラインカジノに入金して、勝った現金を出金するさいに便利なヴィーナスポイント(VenusPoint)

オンカジを始めた人のほとんどが、最初に利用する電子マネーですね。

ユカリ
ところでさ、ヴィーナスポイントから自分の銀行にどうやって出金(換金)したらいいの?
カイヂ
確かに気になるよな。んじゃ今回の記事で出金する手順や手数料・出金時間とか詳しく説明するぞ!

 

ヴィーナスポイントの登録方法と出金用の銀行口座を登録する手順

ヴィーナスポイントから出金する手順

まずは、ヴィーナスポイントから自分の銀行口座に出金する手順を画像付きで紹介します。

ヴィーナスポイントにログインしたら「換金」を押します。

 


出金したいポイント(1ポイントは1ドル)を入力し、出金先の口座にチェックしてください。

 


口座番号などが表示されるので、間違えがなければ「上記に同意して換金する」を押します。

 


最終確認画面が出ます。

手数料なども見て間違いがなかったら「同意して換金申請」を押してください。

 


以上で出金の申請は完了です。

ヴィーナスポイントに登録したメールアドレスに通知が届くので、指定した銀行に着金するまでは保存しておいてください。

⇒ヴィーナスポイントのホームページ

ヴィーナスポイントの出金時間

ヴィーナスポイントから自分の銀行に対しての出金時間は、基本的に申請した翌営業日に処理されます。

ただし、厳密には以下のようになります。

出金の申請タイミング
午前8時まで 当日中に処理
午前8時以降 翌営業日に処理(当日中に手続きをする可能性もあり)

銀行の休業日は処理がされませんので注意してください。

少しでも早く引き出したいなら、できるだけ午前の8時までに出金申請しておきましょう。

 

ヴィーナスポイントの出金手数料

2019年3月より、ヴィーナスポイントから現金を自分の銀行へ送るときの手数料が変更されました。

今までは900ポイントにつき1.8ポイントでしたが、出金手数料はどのように変更されたか詳しく解説していきます。(1ポイント=1ドル)

※今後さらに変更する可能性もあります。

当日と翌日が平日の場合の手数料

まず当日と翌日が平日の場合(祝日は除く)、350ポイント未満につき1.3ポイントの手数料で、350ポイント以上の場合は無料となりました!

つまり、平日に絞って350ポイント以上で申請しておけば、常に無料で出金ができるというわけです。

現在オンラインカジノで使える電子マネーの中では、唯一無料で自分の銀行へ送金が可能になりました。

当日か翌日が土・日・祝日の場合の手数料

土日や祝日といった場合には、900ポイントにつき2.9ポイントと若干ではありますが、変更前に比べると手数料は値上がりしました。

変更前は1.8ポイントだったので、1.1ポイントの値上がりです。

しかし、エコペイズやアイウォレットに比べたら非常に安いですし、ポイントバックのキャンペーンもやってるので(オンラインカジノへの入出金によるキャッシュバック)、少しでも安く手数料を抑えたいならヴィーナスポイント一択ですね。

出金手数料を安く抑えるには

先ほどもお伝えしましたが、平日に出金をする場合は350ポイント以上で無料となります。

特に高額な出金をする方であれば、平日を狙って出金申請をすることでランチ代が浮くほど手数料を抑えることができます。

例えば1万ドルの場合、土日祝日だと31.9ポイントですから日本円で約3,300円もかかってしまうわけで・・。

しかし平日であれば無料となるので、どうしても出金しなければいけない理由がない限り、土日祝日に出金申請をするのは控えたほうがよいといえますね。

ヴィーナスポイントは本人確認不要で出金できる

エコペイズ・アイウォレット・スティックペイといった他の電子マネーでは、出金するさいに本人確認が求められます。

免許証や住民票といった、身分証や住所を確認できる書類ですね。

しかし、ヴィーナスポイントに限っては本人確認不要で自分の銀行に出金ができます。

今後、規約や法改正により本人確認が必要になる可能性があります。

 

まとめ

ヴィーナスポイントは、他の電子マネーに比べて圧倒的に手数料が安く非常におすすな決済方法です。

カード入金する人と相性はいいですが、ヴィーナスポイント自体に入金ができないのがネックになります。

⇒ヴィーナスポイントのホームページ

ヴィーナスポイントを導入してるカジノが知りたい人は、以下の記事を参照ください。

ヴィーナスポイントに対応してるオンラインカジノ一覧