オンラインカジノは違法それとも合法?プレイするときの注意点

オンラインカジノの法律・豆知識

オンラインカジノをしたことにより逮捕される・・・。

知ってる方も多いかもしれませんが、そんな事件が2016年の3月に起きました。

カイヂ
スマートライブ(スマトラ)事件と呼ばれる、オンラインカジノに携わってる人なら有名な逮捕案件です。

 

逮捕されたのは大阪の男性3人で、動いたのは京都府警。

結果からいえば、2人は略式で罰金を払い終わり

1人は罰金に対し抗い、最終的には不起訴(無罪)になりました。

では、そもそもオンラインカジノは違法なのか?日本人がプレイしても問題ないのか?

僕なりの見解をお話ししたいと思います。

オンラインカジノは違法か合法か?

まず、オンラインカジノが違法なのか、それとも合法なのか?

結論は「違法も合法もない」というのが答えです。

そもそも違法の定義って何で決まりますか?それは「法律」です。

人を殺したら殺人罪という罪で逮捕され、罰せられますよね?

金品や物を盗んだら窃盗罪で逮捕されるわけです。

日本は法治国家ですから、逮捕されるされないは法律により決まります。

じゃあオンラインカジノは?

「法律がないから罪にはならない」というのが客観的な僕の意見であり、実際に遊んでる僕は逮捕されていません(笑)

オンラインカジノは、海外にあるサーバーを使いプレイするので、ランドカジノ(店舗型カジノ)で遊ぶことと同じです。

さきほど書いた大阪の男性の場合は、逮捕されたけど有罪にはなっていません。

略式裁判で終わった・・・こりゃ有罪にするのは無理だ(京都府警の声)

と、いうわけですよね?

※有罪にできるのであればもっと裁判を進めてるはず。

覚えておいてほしいのが「逮捕=有罪」ではないということです。

ユカリ
え?逮捕されると有罪になるわけじゃないの?
カイヂ
逮捕っていうのは違法行為をした疑いがあるってだけの状態だからね。

 

もしかしたら僕も逮捕されるかもしれません・・が、ほぼ確実に有罪にはならないと思います。

何故かって?そりゃ大阪の男性が無罪になったという判例が出てるから。

裁判で重要となってくるのは「過去の判例」です。

オンラインカジノに関しての逮捕というのは日本で初めてでした。

結果からしてみれば有罪にはできなかった。

有罪にできなかったという判例が最初に出てしまったため、今後オンラインカジノをプレイした人が有罪になる可能性が極めて低くなる。

こうした構図が出来上がるのです。

 

日本人がプレイすることは問題ない?

もう一度言いますが、オンラインカジノに関しては日本にて法律がありません

こんなことを書いて、実際にプレイしてる日本人の僕はなぜ逮捕されない?なぜブログが消されないのでしょう?

違法も合法もないからです。

公序良俗(モラルやマナー)に関しては反してるかもしれませんが、いま現在日本の法律には反してないと言えますね。

ユカリ
ふーん、そっかー。じゃあ合法とも言えないけど違法でもないんだね!
カイヂ
だって僕は捕まってないし、このブログも消されていないだろ?もしこのブログが覚せい剤のブログだったら消されてるよね(笑)

 

実際に、衆議院のホームページで国会答弁本文で、

「御指摘の「オンラインカジノ」については、政府として確立した定義を有していない。」

「現時点で、政府として、刑法(明治四十年法律第四十五号)第百八十五条の賭博罪等の規定を改正することは検討していない。」

という記載がされてます。※令和2年2月28日受領

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b201061.htm

 

日本で違法となるギャンブルやオンラインカジノ

ただし、日本人がギャンブルやオンラインカジノを行い違法になるケースもあります。

それは・・

  • インカジ(インターネットカジノ)
  • 闇カジノ
  • 闇スロット
  • 金銭を賭けた行為やゲーム(賭け麻雀など)

など日本の運営者が日本国内でサービスを提供してる場合や、友人や知人などと金銭を賭けてゲームをする行為です。

日本では賭博を開帳(オープン)させる行為は禁止されています。

もちろん、開帳させた側ではなくプレイヤーも違法行為となります。

賭け麻雀なら記憶に新しいところだと、前検察検事長を務めていた黒川さんが賭け麻雀を行ったことが問題になってますね。

上記も衆議院HPに記載してますが、黒川さんの場合は著しく金銭のやり取り額が少ないから・・という理由で逮捕起訴されていません(笑)

・・でも漫画家の蛭子さんは逮捕されたけどね。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a201207.htm

カイヂ
競馬や競艇は公営(国で認められたギャンブル)だから問題無し。パチンコ店は風営法で管理され、ギャンブルではなく「遊戯」という建前の法律だから問題なし(笑)

 

日本でオンラインカジノの合法化はある?

現在はIR法案が可決されて、日本にも店舗型カジノが建設されると言われています。

では、オンラインカジノが合法となる日はやってくるのか?

法律は国会議員が作るものなので分かりませんが、あくまで僕の予想ではこのままグレー状態が続くと思ってます。

合法化もしなければ、違法とすることも難しいのではないかと。

もし違法としてしまうなら、「じゃあなぜカジノを日本に導入するの?」って問題になります(笑)

すでに競馬・競輪・競艇などギャンブルはたくさんあるわけなので、これ以上は要らないですよね?

とはいえ、合法化してしまうと恐らく日本人が国内でオンラインカジノ運営を始めると予想できます。

ギャンブル系のサービスというのは、どうしてもマネーロンダリングや暴力団の資金源に流れるため、政府もさすがに認めたくないはず。

だから、このまま何も無かったかのように、ランドカジノだけをオープンさせる流れに持ち込むと予想してます。

 

オンラインカジノで日本人が逮捕された理由は?

では、なぜ大阪の男性は違法と判断されて逮捕されたのか?

これについては難しい問題ですが、今回の場合は

  • ディーラーが日本人女性
  • プレイ時間が日本時間の夕方から夜
  • 日本人向けのオンラインカジノだった

上記の理由みたいです・・・。はっきり言ってこれだけでは有罪にするのは無理があるかと思います。

もちろん運営してるのが日本人で、日本に拠点を置いてる場合は賭博罪が適用されます。

しかし今回の場合は僕が実際にプレイしてるオンラインカジノと同様に、海外に拠点を置いてる企業で運営者も外国人です。

となると考えられるのが、警察が見せしめに逮捕に踏み切ったのではないか?と予想されます。

そもそも賭博罪の目的は、運営元を摘発するためでありプレイヤーを摘発するものじゃありません

ですから、今回逮捕された男性3人は、不合理な理由で逮捕されたことになりますね。

このときに弁護を担当したのが賭博罪に詳しい津田弁護士。

※ABEMAに出演して経緯を詳しく回答されてます。↓

ただ、逮捕はされたが最終的には不起訴になったということは、やはり現状の法律では有罪とすることが難しいわけです。

 

オンラインカジノ自体に違法性はないのか?

では、オンラインカジノを運営する側に関して、違法性はあるのかないのか?

ここで説明するのは海外のオンラインカジノです。

日本で闇スロットや闇賭博を運営してる、いわゆる闇カジノは全て違法です。

オンラインカジノを運営するにはライセンスが必要になります。

  • マルタ
  • キュラソー
  • ジブラルタル
  • カナワケ

などなど・・。

ライセンスってのは政府や監査機関が「オンラインカジノを運営してもいいですよ」と発行する免許証みたいなものですね。

発行する国も違えば、監査が厳しく供託金が高いライセンスもあるし、監査が緩くて供託金が少ないライセンスもあります。

ただし、どのライセンスであっても取得していれば「違法性はないです」

※ライセンスを取得してないオンラインカジノもあるので注意。(違法)

ライセンスの有無は、各オンラインカジノのホームページ上に表記してあるので、誰でもすぐに分かるようになってます。

 

オンラインカジノをプレイする上での注意点

もしオンラインカジノをプレイするのであれば、必ずライセンスが確認できるところで遊ぶこと。

例えばベラジョンカジノだったらサイトの下に表示されており、ライセンス番号なども記載されてます。

ベラジョンカジノ公式ページ

また問題を避けるために、カジノに登録するさいのIDは公開しないことを推奨します。

あくまで「グレーな行為」という認識を忘れないようにしてください。

現状逮捕される可能性は極めて低いですが、法律がいつ変わるか分からないためです。

 

まとめ

最後にオンラインカジノが違法なのかまとめると

  • 日本では法律がないのでグレー(違法でも合法でもない)
  • 今後オンラインカジノで逮捕される可能性は極めて低い
  • 逮捕されても有罪になる可能性も極めて低い
  • ライセンスを取得してるオンラインカジノ自体に違法性はない

以上になります。

今後、日本の法律が変わればオンラインカジノが禁止になるかもしれません

ただ、いまの現状だと警察に捕まるという可能性はほぼ無いでしょうね。